トップページ > 脳血栓の検査

脳血栓は自覚症状がなくても発生していることが最近になってわかってき
ました。脳梗塞となる前に脳血栓を取り除くことができれば、後遺症も何も
残らないのです。
脳血栓を調べる検査としては脳ドックが注目されています。脳の血管を集中
的に検査するのです。具体的にはMRI を使用します。
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍の検査となります。脳の断層画像を
コンピュータで処理することによって、状態を把握することができるのです。
それから頸動脈超音波検査もあります。これは脳血栓、脳梗塞の検査となり
ます。頸動脈の血液の流れや血管の状態を知ることができます。
血栓ができる時には動脈硬化を起こしていますから、血管が細くなったり、
スムーズに血液が流れなくなったりするのです。また、血液検査では高脂血
症、糖尿病、高尿酸血症など血栓ができやすい状態かどうかを知ることがで
きます。
脳の血管障害を引き起こす原因はいろいろとありますが、その多くは生活習
慣に関係しているものです。毎年の健康診断で何らかの指摘を受けている人
は要注意ですね。

特に問題がない人は心配する必要はないでしょう。しかし、高齢になると脳
梗塞の危険性が高まりますから、定期的な脳ドックを受けることをお勧めし
ますね。
もちろん、何らかの自覚症状があれば、早めに病院で診てもらうべきでしょ
う。脳障害で後遺症となれば社会復帰は難しくなります。事前に防ぐことが
一番の治療なのです。それは自分で自分のことを注意しておくことだけなの
です。
脳血栓の検査

Copyright(c) 2016 脳血栓. All Rights Reserved.