トップページ > 体質と脳血栓

体質と脳血栓

近年の日本では脳梗塞の発生が増えていると言われています。死亡に至るこ
とはなくても後遺症が残ってしまいます。したがって、社会復帰が困難にな
ってしまうのです。
脳梗塞の原因としては脳血栓があります。これは脳動脈に血栓ができるもの
ですが、体質的に血栓ができやすい状態の人が脳血栓を引き起こすと考えて
よいでしょう。
血栓ができる原因としては血液がどろどろの状態の人です。病気としては高
血圧、高脂血症、肥満などです。
最近になって増加しているのは食生活の変化だと考えられています。昔は米
と野菜が中心でした。
漬物などの塩分を摂りすぎたために高血圧になる人が多かったのです。血圧
が高く脂肪が少ないと血管がもろくなってしまいます。病気としては脳血栓
ではなく脳出血となります。
典型的な食べ物としてファーストフードがあります。これは脂肪と動物性た
んぱく質が豊富ですから、脂肪の過剰摂取となるのです。
血液がどろどろになって血栓の原因となります。血管の内壁にコレステロー

ルが付着することによって動脈硬化を引き起こします。脳梗塞で倒れても死
亡しないのは医療技術が発達したことがあります。
しかし、脳細胞の壊死を防ぐことはできませんから、後遺症が残ってしまう
のです。あなたが長生きをしたいと考えているのであれば、血液の状態を健
康に保ちましょう。
血液をサラサラにしましょうと言うことを聞いたことがあるでしょうか。食
事や運動によって血液をサラサラにすることができるのです。
体質と脳血栓

Copyright(c) 2016 脳血栓. All Rights Reserved.