脳血栓とは

歳を取ってくると様々な病気にかかりやすくなります。体全体が老化してく
るからです。体に栄養を送っているのは血管です。重要な体の組織です。こ
の血管が詰まってしまうことを血栓と言います。
血管は体中にありますから、血栓はどこにでもできる可能性があるのです。
血栓によって酸素や栄養分の補給が断たれてしまうのですから、細胞は生き
ていけません。
そのため、血栓ができないような体作りをしておくことが大切です。血栓が
脳にできる場合を脳血栓と言います。脳血栓になると治療したとしても脳に
後遺症が残ることになります。
そのために元の健康な状態に戻ることは難しくなります。脳血栓の症状を紹
介しましょう。片側の顔面や舌がマヒすることがあります。そのためにろれ
つが回らずにうまくしゃべれなくなります。
また、手足のマヒや感覚障害も発生します。アテローム血栓性脳梗塞は脳に
至る大動脈に血栓ができている病気です。この場合は症状が重く、マヒの他
に意識障害や失語症、半盲など重度の機能障害となります。
大動脈ではなく、脳の内部にある細い血管に血栓ができた場合は症状が軽く

て済みます。この脳血栓の場合はラクナ梗塞と言われるものです。
ラクナ梗塞は睡眠中や起床時などの比較的安静状態の時に脳血栓が起きや
すくなります。数日からひと月ぐらいにかけて徐々に症状が重くなっていきます。
いずれにしても脳血栓が発生すると日常生活に支障をきたしてしまいます。
脳血栓の治療はできるのですが、予防を心がけておくことが大切です。
脳血栓

脳血栓と脳梗塞

脳の血管障害は脳卒中と呼ばれます。これは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血
の総称です。そして脳梗塞は脳血栓、脳塞栓の二つに分類されています。
どちらも脳内の血管が詰まる症状ですが、脳血栓は脳内の動脈硬化によって
血栓ができたものです。また、脳塞栓は心臓などでできた血栓が剥がれて脳
に運ばれて詰まってしまうものです。
どちらの場合でも引き起こされる症状は同じです。脳内の細胞が壊死します
から、後遺症が残ってしまうのです。脳血栓が起きる時にはその前兆がある
と言われています。
それを知っておくことによって、脳梗塞となる前に対策を打つことが可能で
す。しかし、ほとんどの人はその前兆を見逃しているのです。
脳梗塞で体の自由が利かなくなってしまうことを考えれば、取り越し苦労で
もいいから病院で診てもらうことを選びましょう。体の調子がおかしいと感
じたならば病院で診てもらうことですね。
動脈硬化の疑いがある人ならば、検査の結果に表れるはずです。医師と相談
して薬などを飲むことがいいでしょう。特に高齢になると脳梗塞の危険性が
高くなります。

脳梗塞で倒れて、病院に運ばれたという人も多いのです。脳梗塞は夜明け前
の安静にしている時に起こりやすいことがわかっています。水分が不足して、
脱水症状となっている可能性が高いのです。
血液中の水分がなくなることによってどろどろの状態となるのです。できる
だけ夜中に目が覚めたらコップ一杯の水を飲むことですね。
脳梗塞の予防に心掛けましょう。
脳血栓

脳血栓の前兆

病気になる時は突然ですが、後から考えてみるとその前兆があることが多い
のです。しかし、それに気づかないで倒れて救急車で運ばれることになりま
す。
脳血栓の前兆について考えてみましょう。脳血栓は脳の動脈に血栓ができる
病気ですが、血栓は短期間でできるわけではありません。
動脈の内腔がだんだん狭くなり、血栓ができやすくなっていきます。時々詰
まりかけることがあるのです。それが前兆となって表れます。
血管が一瞬だけ詰まってしまうのです。手足のしびれ、物が二重に見える、
言葉に詰まってしまうと言ったことがあれば、脳血栓症の前兆と考えてよい
でしょう。
しかし、言葉に詰まることは誰でもあります。特に高齢者になると病気でな
くても症状が出るのです。そのために、自覚症状はあっても病気とは考えな
いのです。
脳の血管が詰まるのですから、脳の働きがストップして体の動きや頭の働き
がおかしくなるのです。自分では何ともないと思っているのです。
脳血栓ができると脳梗塞となります。病院で治療をしたとしても元の体には

戻りません。手足のしびれや言語障害が残るのです。
リハビリテーションをすることになりますが、根気が必要です。高齢者であ
れば寿命と考える人もいるでしょう。しかし、若くして脳梗塞になってしま
う人もいるのです。
自分の体調管理を十分にしておきましょう。それによって脳梗塞にならない
ようにするのです。脳梗塞で倒れる人の多くはそのまま体が不自由となり、
治らずにお亡くなりになります。幸せな最期ではないのです。
脳血栓

脳血栓の初期症状

脳梗塞は50 代以上になる時を付けておかなければならない病気です。脳梗
塞の原因として多いのが脳血栓症です。脳血栓症は脳の動脈硬化によって血
栓ができるものです。
いきなり症状が出てくるわけではなく、その前兆としてふらっとすることが
ある場合が多いようです。動脈に大きな血栓ができてしまった場合はすぐに
病院に行かなければなりませんが、小さな血栓ができても気づかないことが
多いのです。
これを「かくれ脳梗塞」と呼び、最近注目されるようになってきました。つ
まり、かくれ脳梗塞を発見することができれば、脳梗塞に至る前に治療を始
めることができるのです。
脳梗塞になってしまうと、体が不自由になったり、脳の働きが十分でなくな
ったりするために社会復帰が困難となるのです。自己診断によって脳血栓の
初期症状を知ることができます。
朝起きたら手足がしびれて感覚が鈍くなっているとか、めまいがする、ろれ
つが回らない、食事中に箸を落とすと言った症状があるならば要注意です。
医師の診断を受けることをお勧めしますね。正式な名称は無症候性脳梗塞で

す。痛みや自覚症状がないために病院で検査をしなければわかりません。
確実に発見するためには脳ドックでの検査が有効だと言われています。自覚
症状がなくてもMRI 検査によって血栓が見つかるのです。
もちろん、脳ドックは健康保険が適用されませんから、自腹で検査すること
になります。最近では自己診断の方法がインターネットなどで紹介されるよ
うになりました。気になる人は調べてみるとよいでしょう。
脳血栓

脳血栓への対応

血管障害はいろいろな部位で起こります。体中に血管が行き渡っているから
です。特に重大な病気となるのは心臓と脳です。
脳血栓は脳動脈に血栓ができる病気です。この場合は脳細胞の壊死を引き起
こしますから、ほとんどの場合で後遺症が残ってしまいます。
脳血栓は怖い病気なのです。脳梗塞になり、後遺症が残るとリハビリテーシ
ョンを行わなければなりません。
高齢で運動機能を衰えているのですが、それでもリハビリテーションを行わ
なければ完全に体が動かなくなるのです。
脳血栓の場合ではなくても脳血管障害では同じような結果となります。もち
ろん、脳血栓ができた真の要因を調べてその対策を講じることも大切ですが、
治療後の社会復帰を目指すことが患者にとって重要なこととなります。
また、社会復帰できても元の状態にはなりませんから、介護などの福祉サー
ビスを必要とする人も多くなります。
生活習慣病の予防が叫ばれている背景には、脳血栓のような病気による要介
護者の増加を抑えると言う意味があるのです。私たちの体は複雑にできてい
ます。しかし、血管の障害によって脆く崩れてしまうのです。

脳細胞が壊死して脳が溶けると表現されることがあります。本当に恐ろしい
病気なのです。死に至ることはないとしても、半身マヒなどの重度障害とな
ります。
あなたがまだ若いのであれば、長生きをするために健康に注意してください。
特に生活習慣病に気を付けていれば、脳梗塞の危険性は低くなると考えられ
ます。
脳血栓

お気に入り

えがおの青汁満菜 口コミとは。宅急便で届いたえがおの青汁満菜の箱の中身は「えがおの青汁満菜」くまモンの可愛いシェイカー、そして小冊子20頁・えがおで元気32頁がは入っていました。食物繊維には、腸内の悪玉菌を減少させ、有害物質を排出し、腸内環境を正常に整える効果や働きがあります。えがおの青汁満菜を飲み始めて体験レビュー3日目と日が浅いですが、青汁の効力かもしれないことを感じたのでレビューさせていただきます。

蛇口で水道水を汲んで飲むのと同じ感覚で今話題の水素水をお楽しみ頂けます。 2)高い溶存 ... すでに弊社ピュアクリスタル本体をご利用のお客様はカートリッジ交換のみで水素水を手軽にご利用できることになります。→クリスタル水素水 販売
ダイエットや美肌に良いと話題の「クリスタル水素水」、 毎日飲む水を変えるだけで効果が表れるのなら、ぜひ試してみたいと思っている方も多いと思いますが、 (私もその一人ですが、)公式サイト以外で、楽天などでも販売しているか探してみました。

Copyright(c) 2016 脳血栓. All Rights Reserved.